髪質の変化って?

髪質の変化に要注意!!とはどういうことでしょうか。
髪質の変化と一口にいっても、色々です。

 

子供から大人になるとき、とくに思春期にかけて、直毛がクセ毛になったとか、ストレスを感じるような環境になって髪質が変化した、頭に怪我をしてその部分だけクセがでた、など。

 

 

そして、年齢とともに、髪が細くなったり、抜け毛も増えていくという髪質変化。
そうです。ここで注意を呼びかけている髪質変化がまさにこれ。
そのまま放っておくと、大変なことになってしまいます。

 

●髪質変化の危険信号って?

 

さて、この問題の髪質変化。
何か兆候といったものがあるのでしょうか。

 

 

年齢的には30代くらいから。髪の毛が細くなってきたり、抜け毛が増えてくるとともに、抜け毛に混じって、短く弱々しい髪の毛が増えてくるような場合は注意が必要です。

 

 

硬い髪の毛の人が、急に毛が細くなると要注意と、よく聞きますが、これはちょっと違って、もともと髪の毛が硬いと、細くなったことに気が付きやすい、と言うだけで、もともと髪の毛が細い方でも、 抜け毛が増えてきた場合には注意が必要と言えます。

 

●髪質変化の原因って?

 

では、このように髪質が変化してしまうのは、いったいどうしてなんでしょうか。

 

 

まず考えられるのは、不潔な状態にある頭皮から起こる炎症によるもの。
頭皮が汚れていると、そこから炎症を起こしたり、フケが出たりもします。

 

 

発生したフケにより、さらにフケを栄養とする細菌(フケ菌)までもが発生し、さらなる頭皮の炎症を引き起こすことになります。
そうした悪環境により髪の毛が弱く抜けやすくなる可能性が高いようです。

 

 

そして、髪の毛に十分な栄養が行き渡らないこともまた、髪を弱らせる原因。
人の体と同じく、髪の毛にも栄養が必要です。

 

 

でも、食事の栄養バランスが崩れると、体はまず重要な器官から優先に栄養を取り込むため、髪の毛までには栄養が行き届かなくなってしまうのです。

 

 

そして、又、頭皮の血行が悪いことも問題です。
頭皮が赤かったり、触ってみて頭皮が 硬いといった場合は危険です。
血液から栄養をもらっている髪の毛ですから、血行が良いことは必須といえるでしょう。

 

 

それから、気をつけないといけないのが、シャンプー。
頭皮や髪の毛を清潔にすることは大切ですが、シャンプーの成分によっては、刺激や負担が大きく、髪や頭皮を痛めてしまうことがあります。

 

 

そのため、髪質がひどいクセ毛になったり、毛穴がダメージを受けた場合、毛穴そのものが変形し、髪がねじれて生えてくることもあると言うのです。
シャンプーは、できるだけ体に良いもの使う必要がありそうです。

 

 

●ホルモンによるもの。

 

このように、髪質変化の要因は様々で、食事に気をつけたり、頭皮マッサージ、良質成分のシャンプーによる髪の手入れなどと、生活のなかで少し気をつけて改善させていけそうなものもあるのですが、それだけでは、ちょっと難しいかなと思われる要因も、あるんですよね。

 

 

それが、AGA(男性型脱毛症)、男性ホルモンによって起る脱毛症状です。
髪の毛が細くなってきたり、抜け毛が増えるとともに、短い毛が混じる、そして、髪の生え際がしだいに後退していく、といった症状があらわれます。

 

 

多くの場合は、男性ですが女性にもAGAは発症します。
女性の体にも男性ホルモンは存在していますので、AGAが発症する理由は男性と同じです。

 

 

ただ、女性の場合は、髪の毛が抜けるというよりは、髪がの毛が細く薄くなると言った症状があらわれ、また、女性ホルモンの分泌によってAGAは発症しにくくなるため、女性のAGAの発症は、加齢などによる女性ホルモンの減少に伴って起こりやすくなるようです。

 

 

●AGAによる髪質変化には?

 

このように髪質の変化がAGAによるものである場合、医療機関での診療を受けてみることも、おすすめです。

 

 

 

それでも抵抗があるという方には、市販されているの育毛効果のあるシャンプーを使うことをおすすめします。

 

 

すべての育毛シャンプーが効果があるとは限りませんので、商品を選びは慎重に。
そんな中、口コミ・評判もなかなかの育毛シャンプーを見つけたので、ちょっと紹介します。

 

 

商品名はWスカルプ5.0W。
使い心地の良さの上、抜け毛が減った、髪にボリューム感が増した。など、評判も上々。

 

 

ただ、やっぱり合う合わないは個人差がありますので、
自分に合うかどうかをしっかりと確認した上で、使用されるのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

◆髪はこんな簡単な理由でダメージを受ける!

 

将来のためにも大切にしたい「髪」
そんな髪の毛、実はすごく簡単にダメージを受けてしまう繊細なものだったんです。

 

髪にダメージを与えてしまいがちな普段しているNG行動をまとめてみました。

 

●濡れた髪をゴシゴシ拭く

 

 

濡れている髪はキューティクルが開いている状態。その状態のままタオルでゴシゴシ拭くと髪同士が擦れ合う事でキューティクルが傷つきやすくなります。
お風呂上がりなどで濡れている髪は、ドライヤーをかける前にタオルでポンポンと水気をふき取る程度でいいんです。

 

 

●シャンプーのやりすぎ

 

 

日中でも汗をかいたからすぐシャンプー!夏にやりがちなこの行動ですが、シャンプーは頭皮に必要な潤いまで洗い流してしまうので、1日に2回以上シャンプーをするのは頭皮にとってはマイナスにしかなりません。
どうしても汗が気になるときは、シャンプーを使わずにぬるま湯で頭皮を洗い流す程度にしておいてください。

 

 

●オーバードライ

 

 

オーバードライ、いわゆる「乾かしすぎ」です。
ドライヤーで髪を乾かす時、毛先まで思い切って乾かしていませんか?毛先は水分を保持する能力が低い部分なのであえて温風を当てて乾かすのはNG。
頭皮付近の髪を乾かしている時に当たる風で十分なんです。

 

温風で7割ほど乾かした後は冷風に切り替えて乾かすのがオーバードライを防ぐ方法。髪を乾かす際はくしを使わず、手ぐしを使ってくださいね!

 

 

●シャンプーを泡立てない

 

 

シャンプーを泡立てずに洗うと濡れてキューティクルが開いた状態の髪が摩擦により傷ついてしまいます。シャンプー剤はしっかりと泡立てて使う事が大切です。

 

 

●濡れたまま寝る

 

 

忙しい時にやってしまいがちな事ですが、キューティクルが傷つくのはもちろん、寝る姿勢によっては髪が折れたり切れたりするので、くせ毛になりやすい上、頭皮や枕カバーに雑菌が繁殖しやすくなるんです。濡れたまま寝る事はいい事が全くないので、すぐにやめてくださいね。

 

どうでしたか?髪の毛は紫外線や空気中のホコリなどでもダメージを受けてしまうほど弱いもの。
正しいケアをして、しっかり頭皮と髪の毛を守ってあげましょう♪

 

黒髪スカルプ

 

 

 

◆くせ毛の人におすすめのシャンプーはこれ!

 

うねりやクネクネになってしまうくせ毛。上手くごまかせばパーマ風になるのですが、やはりくせ毛はないに越した事はない!
そんなくせ毛さんにおすすめのシャンプーをいくつかピックアップしてみました♪

 

 

●キーズシャンプーくせ毛用

 

 

くせ毛の原因となる乾燥を抑えてくれ、髪に潤いを与えてくれます。保湿性ポリマーが湿気をシャットダウン!くせ毛の天敵、湿度さえも味方につける事が出来るシャンプーです。

 

保湿力が高いので、ダメージを受けた髪もウネウネになってしまう髪もまとまりやすくなるのが特徴!

 

使えば使うほど髪質を変えていきます。
香水のような香りも人気の秘密。

 

通常価格は4,536円ですが、割引されて販売しているケースが多いので購入の際はいろんなサイトを比べてから購入してみて下さいね♪

 

 

●資生堂プロフェッショナル、スリークライナー

 

 

資生堂プロフェッショナルから出ているこのスリークライナーはくせ毛でまとまりにくくスタイリングが出来ない!という人にオススメのシャンプー。
髪の外側と内側から働きかけてくれ、うねりやクセを抑えてくれるんです。

 

髪のフォルムを内側から整えてくれる、くせ毛用シャンプー。通常価格は5,137円。

 

 

●エッセンシャル リッチダメージケアシャンプー

 

 

ドラッグストアーなどでも買いやすいくせ毛用シャンプーを探しているならコレ!

 

驚くほど指通りがよくなるのでくせ毛でうねりやすい髪も簡単にまとまるようになるんです。
乾燥して傷んだ部分を補修してくれるので、くせ毛の原因が「ダメージ」である場合は効果抜群。

 

価格も700円前後で買う事が出来るので、思い切ってたくさん使う事が出来るのも嬉しいところ♪

 

雨の日にくせ毛で悩まなくてもいいように、普段のシャンプーを変えて悩める髪質を一気に改善しちゃいましょう♪
くせ毛で悩む人は「くせ毛用」のシャンプーを使ってみる事で、思いの外早く髪質を変える事ができるかもしれませんよ。